ウィル・キューブ / Willcube Corporation
台北と東京を拠点に活動するヒューマンリソースコンサルティング&コーチングオフィスです
電話、スカイプ、メールも活用して柔軟かつ機動的なサービスを展開しています
「行動と成果が変わる」プロフェッショナル・コーチング


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

散歩道

「情報・Information」の項目を最前に、「散歩道(つれづれメモ)」を記載しています。
他の内容は左記のINDEXよりご高覧下さい。
メタファー力について
この表現力、とっても盗みたいです。
先週の東京の企業幹部の方とのコーチング。抱えられるチームの複雑な状況の整理に、私がやや苦労しているのを察するやいなや、「サッカーで例えるとですね・・・」と、たいへんユニークな表現で教えていただきました。
「上からの指示は「お前自身はなるべくピッチに立つな」ということなんです」
「ただ、まだJ2のメンバーでJ1の試合に勝てというようなところもあり、ここが苦しいんです」
「あまり動かない割に、シュートだけは自分が打つんだと言って、ゴール前でずっと待っている人もいます」
「アシストしないで、ロングシュートばっかり狙う人が多いんです(キーパーもです)」
「中心メンバーもボールのキープ力はあっても、パス出しがうまくないところを感じます」
「オウンゴールも発生しました」
「ついついもう自分自身がドリブルで切り込んで、シュートしたい気持ちになってしまいます」
・・・・・・。

こう伝えていただくと、私もそのイメージがよりしっかり頭に湧きます。
「ピッチの中で、選手はお互いに声を掛け合ってますか」
「本当のエースストライカーは誰に担わせたいのですか」
「今、その人はピッチの中で何をしていますか」
「イエローカードは何枚ですか」
・・・等の質問を投げ掛けることができ、ほぼ1時間、「サッカーの言葉」で会話が進みました。

結果、
「ボールの上げ方や出し方の練習を強化すべきですね」
「試合に勝ったらどんないいことがあるかをもっと共有したいと思います」
「まず全員の足のすぐ前にボールを落としてやることが大切かも知れません」
・・・等の感想も出てきました。

「例える力」をコーチングでは「メタファー力」と呼び、たいへん重視しています。私自身も関心の高い分野の一つです。
「仕事がなかなか前に進まないと言っていますが、山登りに例えると今何合目辺りにいる感覚なんですか」
「例のドラマの登場人物に例えると、その方はどんなタイプなのですか。その理由は」
「ずばり、あなたの時間泥棒を3つ挙げるとしたら何ですか」・・・。
こんな表現を使うことで、認識の共有がより明確に進んだり、混沌としていた状況がぐっとシャープに整理されるということも少なからず経験してきました。

ただ、1時間の時間をサッカーの言葉で表現し尽くすという体験は今回が初めて。そして、それはたいへん的を絞ったディスカションを促すという意味でもとても快適なことでした。この表現力(メタファー力)、本当に巧みで羨ましいなあと感じました。

あなたは最近、どんなメタファーを使ったでしょうか。また、これまでに「これ、決まった!」と感じたメタファーにはどんな表現があったでしょうか。「例える力」の奥行きをたいへん強く感じたコーチングセッションでした。

| コーチング | 20:55 | - | - |
「新創業プロジェクト」への参画
「新創業PJ」がスタートしました。
2月の旧正月明けに大胆な組織改革に踏み切られた台湾の某企業様と顧問契約を結び、「新創業」と表現される新組織・新体制の順調なスタートとパワーアップのお手伝いをさせていただくこととなりました。

そして先週、全台湾の社員(約300名)を集めて開かれた「全社キックオフ会議」に呼んでいただき、各部門の新リーダーによる経営計画発表と決意表明の時間を共有させていただきました。詳細に触れることは避けますが、このタイミングで他社から迎え入れられた幹部の方々も複数あり、その方々にとっては正にデビュー戦でもありました。階段型座席の講演会場に巨大な3面のスクリーン・・・という「これは国際会議か?(笑)」と思わせるような場の雰囲気の後押しも手伝って、尋常ではない緊張感の中にも大きな躍動や情熱を感じるたいへん熱い空間でした。

そんな中、私にも15分の時間をいただき、「一言」しゃべるように、とのご指示。スタートに当たって実施していただいた社員意識のアンケートの分析と感想、そして今後の研修案等について報告させていただきました。中国語でです(汗!)

ここまでのプロセス、そして社長様、副社長様と触れる中で感じたのは、「100年に一度とも言われる金融危機、不況感。この「チャンス」をどう我々は活かせるか!」と、現状を「チャンス」、「チャンス」と語られる姿勢です。
「チャンスを活かして、こんな素晴らしい人材に我社に来てもらうことができた」、「チャンスを活かして新創業に踏み出すことができた」、「チャンスを活かして社員研修に時間と関心を向けられるようになった」・・・。
「言うは易し、行うは難し」の一つだと思いますが、本当に行動としても着々ということを目の当たりにさせていただき、その強いリーダーシップに敬服です。

すでに3月、4月だけでも6回の社員研修の計画が決まりました。社長や副社長の思いを受けて、全力でその期待に応えるべく任に当たらせていただくことは当然ですが、私にとってこれは何と何の「チャンス」になるのか。それを今一度よく考え、この機会を活かしていきたいと思います。

日本型プログラムの更なる台湾ナイズの機会として。台湾人エグゼクティブの方々の思考や現実をより深く知る機会として。研修、コーチング、ファシリテーション等、トータルなお付き合いの中で結果を出すモデルケースとして。中国語のブラッシュアップの機会として。全てを通じて、新しい気付きや学びを得る機会として・・・。
研修のスタートはこの3月末から。頑張って参ります!
| コーチング | 16:05 | - | - |
「結論を決める」から「引き出す」へ
改めて自分の変化に気付く機会になりました。
先週、ある場所で「コーチングを学んで」の自分の体験談をお話しさせていただく機会がありました。その骨子を自分の覚えとしても簡単に記載させていただきます。


「リーダーの大切な仕事は決めること、決断すること」。会社の研修で聞いたこのメッセージの影響も受け、以前の私は、多くのシーンで「少ない情報でも素早く結論を判断する上司」、或いは「部下が示す選択肢から勇気を持って決断を下すリーダー」となることを目指していました。
様々なテーマをスピード感を持って、どんどん前に進めていくこと。それが会社や組織が競争に勝ち残っていくためにも大切、という空気もあり、多少部下や自分自身に納得感のないことも、度胸を持って「エイヤ」で決めることがプロフェッショナルであるとも感じていました。

コーチングを学んで考えさせられたことは、それで何が得られて何が失われているかということ。そして、短期的な目標達成や日程管理が進む一方で、部下の当事者意識のダウンや、成長・育成の鈍化、あるいは計画そのものの精度の甘さが目立つ状況を作り出していることに気が付きました。
「選択肢を並べておけば上が決めてくれる」、「自分たちは優秀な作業者として機能するだけ」という当時の部下たちの言葉や、「何かシックリ感が弱い」という、その時の私自身の内なる声がそれを表わしているようにも思います。

その後、変わったこと。
それは、以前と同じレベルの報告書や計画書を受け取りながらも、結論を「自分が決めるもの」ではなく、「相手から引き出すもの」と捉え直したこと。そして、またそれは、決して最初に触れた「リーダーの仕事は決めること」という内容と矛盾するものでない、という気付きを得たことでした。

「最終意思決定者」との自覚と責任は持ちながら、「とても面白く読ませてもらったよ・・・」等の素直な励ましや、「で、それを進めていくと1年後にはライバルとの関係はどうなるんだっけ・・・」等の問い掛けの力を磨き、その結果、円滑に適切な結論を導き、仕事を前に進めるリードをすること。
それはある場面では、「やり直し」を導くケースもありますが、部下自身の納得感や成長感が伴っているという点で、それまでとは違う種類の話に変身してきたと感じます。決して言えばすぐできるほど簡単な取り組みではないですが、この方向性を大切にして、このレベルの向上に今後一層励んで参ります。
| コーチング | 22:51 | - | - |
思いがけないスピードアップ
私もたいへんうれしくなりました!
昨日、東京の某企業の中国事業(開発)責任者の方とのコーチング。
当初は「年内には展開事業候補を検討し、絞り込み、決定していきたい」とのスケジュール計画を伺い、それを追いかけてきましたが、「たいへん具体的な案が社内の中国人社員から上がってきた!」、「取締役会でも了承」、「(引き続き他の案も探していくが)これは具体的な調査・準備のステージに進む」、「今月中にも中国への出張団を送る」・・・と、たいへん明るい声で伝えていただきました。

私も思わず、「凄い展開ですね!」と声を上ずらせてしまいましたが、この急展開を可能にしたのは、このH部長のプロジェクトに臨むスタンスの変更でした。それまではご自身の強い責任感からも、「自分が早く意味のある発信ができるようになりたい」と、新しい業務テーマに対する情報収集や人脈開拓、各種の勉強にたいへん積極的に取り組んでおられましたが、5月に「社内の中国人社員(十数名)の意見をもっと真剣に受け留める姿勢を出していきたい」、「そのために目安箱のような位置付けで、思いつきでも小さなアイディアでも何でも提案できる制度をメールを使って作っていく」という新しい動きを始められました。
結果、複数の提案が寄せられ、その中に「これは!」と思える光る提案を発見。取締役会や社長の支持も得て、具体的に現地へ出張団を送るというところまで歩みが進みました。

「26歳の中国人のKさんが取締役会でプレゼンをしたんですよ」、「他の社員にもとってもたいへんいい刺激になっています」、「実はもう一つ面白い提案が手元に届いています」・・・。そのひとつひとつを本当にうれしそうに話されるH部長。そのお人柄をとても感じる瞬間でもあります。
この話、「部下の話をあまり聞かなかった上司が、部下の意見に耳を傾けるようになった」という事例ではありません。もともと部下の可能性も信じ、衆知を集めるタイプでもあった部長が、全く新しい仕事を担当することとなり、その真剣さと責任感から「まず自分が・・・」の殻にややはまり込んでしまっていた。視野が知らず知らず狭まっていた。それに気が付き、そのこだわりを手放すことで誰にとってもうれしい事態が広がった。そんな流れであったと思います。

より積極的になるがゆえに、見えなくなっているものはないか。より真剣であるがゆえに、自ら狭めているものはないか。そして、敢えて一歩引くことで情報がなだれ込んで来たり、事態が進展するようなことはないか。
H部長の新しい行動とそれによって実際生まれてきたチャレンジングな企画のお話に触れ、そんなことを改めて感じさせていただきました。ありがとうございました。
| コーチング | 22:13 | - | - |
アスリート・コーチングBOOK
友人から紹介され、読んだ本(高畑好秀氏監修・池田書店刊)の名前です。「14名の(スポーツ界)の指導者にコーチングに対する考え方や実践法を聞き、まとめたものです」(「はじめに」から)の通り、プロ競技、オリンピック競技等で名前を聞いたことのある監督・コーチ(例:サッカーの岡田武史氏、ラグビーの山口良治氏、陸上の高野進氏・・・等)のインタビュー形式の話とそこから学ぶべき観点が整理されています。

感想を一言で言うと、「思っていた以上にビジネスコーチングやライフコーチングと、その観点は変わらない」、そして「馴染みのある選手名もバンバン出てくるコーチング実話は、説得力と面白さが凄い」です。もしかしたら、私が勝手に自分でスポーツコーチングはまだちょっと違う(「鬼」的要素の比率大)とイメージし、それが「違っていた・・・」と、マッチ&ポンプを演じているだけかも知れませんが、例えば私が「そうかあ・・・」、「そうなんだ・・・」と思った記載は以下です。

「「管理し、ガンガン怒って、選手にプレッシャーをかけていく指導者」、「放任というか、自由にやらせる指導者」、「コミュニケーションを図りながら、同じ目標へ選手を向かわせる指導者」 全部やってみましたが、結局三つ目の方法をとったとき、一番バランスの良いチームができたんです」(バスケットボール・鈴木貴美一氏)
「コーチ自身が一流選手であったかという実績が必要なわけではなく、教える技術が優れていれば選手を導くことができるわけです。一流選手から指導者へ転身した人は、自分の体験を教えようとしたがるものです。もちろん。優れた部分もいろいろあるとは思いますが、それはもう時代遅れかもしれません」(水泳・鈴木陽二氏)
「自分の勝手な推測でたぶんコイツはこれで悩んでいるんじゃないかと思っても、それを本人の口から言わせる、という方法をとります。何かについて悩んでいるにしても、「どうしたの」と聞いてあげるんです。聞いてあげると本人が「自分がなんで悩んでいるのかな」ってことを1回整理します。(中略)そうすると本人なりに、「自分は今、こういうことで悩んでいます」と話してきます。そこですぐにアドバイスするのでなくはなくて、その問題に対して、「じゃあ、どうすればいいと思う?」ともう一度聞いてあげます。そうするとまた本人なりに考えて、この問題を克服するために、今自分は何をすれば良いのかがわかってきます」(柔道・古賀稔彦氏)
(その他、多数)

決してビジネスコーチングを啓蒙したり、宣伝したりする本の中で見つけた記載でないだけに、また具体的な実績のある方々の実話だけに、何とも言えぬ新鮮感と勇気、そしてたくさんの気付きを得ました。特に最後の古賀氏のお話は「金メダリストもこういう考えに立っているんだ・・・」と、その「本人から引き出すこと」を重視されるスタンスと実践に思わず唸りました。
コーチングの学習者だけでなく、一般の組織のマネージャーの方、その他の方々にも、ちょっと違った角度からの刺激を・・・と、お薦めできる本として紹介させていただきました。
| コーチング | 16:39 | - | - |


Willcube Corporation All rights reserved. Copyright 2007. 掲載内容の無断転載、転用は固くお断りいたします。