ウィル・キューブ / Willcube Corporation
台北と東京を拠点に活動するヒューマンリソースコンサルティング&コーチングオフィスです
電話、スカイプ、メールも活用して柔軟かつ機動的なサービスを展開しています
「行動と成果が変わる」プロフェッショナル・コーチング


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

散歩道

「情報・Information」の項目を最前に、「散歩道(つれづれメモ)」を記載しています。
他の内容は左記のINDEXよりご高覧下さい。
「察する」ことのもろ刃
先週の「聴き力を磨く」と題したセミナーでのこと。
「聴く」には、「それこそ自分の経験を振り返っても、いわゆる「無視」の状態から「聴く振り」の状態、「傾聴」の状態・・・等、様々なシーンで様々な状態(レベル)があります・・・」と説明させていただいた所で、参加者の方から、「私は「聴く」を超えて「察する」のレベルに行けるように注意しています」との発言がありました。その具体例も分かり易かったのですが、「面接の時に、ある女子社員に「問題はないか」って尋ねたら、「問題ありません」と言いながら泣き出しちゃったんですよ・・・」とのこと。これは確かに「問題ありません」という耳情報だけに頼らず、「問題あり」として感ずる(察する)ことが大切だと私も思います。

以前、人間のメッセージ発信に占める影響力は、「言語的なもの(言葉の内容):非言語的なもの(表情等)=7%:93%」(メラビアンの法則)という情報について触れたことがあったと思いますが、まさにその非言語的なメッセージもしっかり受け留めて「聴く」ということが、ここで指摘いただいた「察する」ということにつながるのだと思います。

そして、それよりも更に私が重要な観点をいただいたと思ったのは、その方の続けての発言内容でした。
「ある友人(女性?)の財布がぼろぼろになっているのに気が付き、似たような新しいものを送ったら喜ばれるだろうと「察して」、そうしたら外してしまいました・・・」(笑)というもの。そう。察するだけではまだそれは勝手な「思い込み」や「自己納得」でしかない可能性もあるということです。

「聴き力を磨く」のレジュメの中には、「聴いたことをバックトラック(おうむ返し)することやサマライズ(要約)することで相手に返して確認する」、「私はあなたのことを理解していますと、しっかり安心させることが大切」という部分もあるのですが、まさにここがセットでついてこないと、「察する」ことは逆に大外しにもなり兼ねないリスクが出てきます。

察したことが当たった時の喜びは大きく、時には思わずガッツポーズが出てしまうこともあるかも知れませんし、相手に「え〜っ!」というサプライズを与えるということもあると思います。ただ、逆説的な言い方になるかも知れませんが、「察しているけど聴けていない」という状況はないか、「「はず」が、(相手にとっては)全くそうではなかった」ということはないか・・・。

「聴く」とは5感をフル活用して、まず相手をしっかり受け留めること。「察する」とは、そうした視点を改めて頭に置いて付き合っていくことが大切なのだろうと感じました。貴重な観点と気付きをいただいたIさん、ありがとうございました。
| セミナー | 23:25 | - | - |
自分のプレゼンスをプレゼントするのがプレゼンテーション
ある研修で、その参加者の方から教えていただいた言葉です。すでに言われていることかも知れませんが、私には初めての出会いで、たいへん新鮮に伝わりました。

確かに、感銘を受けるプレゼンテーションには、そのプレゼンテーターのあり方(BE)の明確さや、一貫性を共通して感じます。

逆に、そのプレゼンスの甘いプレゼンテーションは、言葉が浮いて聞こえたり、ちょっと嘘っぽかったり、内容もぶれて聞こえます(これ、自分への言い聞かせでもあります)

そして、(教えるのでなく)「プレゼントする」という感覚。これもその通りですね。

たいへん短いフレーズでしたが、頭を殴られた思いがしました。
「自分のプレゼンスをプレゼントするのがプレゼンテーション」。
心したいと思います。ありがとうございました。
| セミナー | 20:27 | - | - |


Willcube Corporation All rights reserved. Copyright 2007. 掲載内容の無断転載、転用は固くお断りいたします。