ウィル・キューブ / Willcube Corporation
台北と東京を拠点に活動するヒューマンリソースコンサルティング&コーチングオフィスです
電話、スカイプ、メールも活用して柔軟かつ機動的なサービスを展開しています
「行動と成果が変わる」プロフェッショナル・コーチング


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

散歩道

「情報・Information」の項目を最前に、「散歩道(つれづれメモ)」を記載しています。
他の内容は左記のINDEXよりご高覧下さい。
出版プロデュースが形となりました。
「今回の出版では馬岡孝行氏にたいへんお世話になりました・・・」との言葉を「あとがき」に掲載していただいた書籍が先週台湾で発刊となりました。
「創意達人的筆記本活用術」(樋口健夫著・商周出版社刊)です。

樋口健夫氏は子供から大人(老人)までの創造力開発をライフワークにされる「アイデアマラソン研究所・所長」。関連書籍の出版実績は日本国内で約40冊を数え、その幾つかは海外でも翻訳出版されています。そのご主張のコアは、「頭に浮かんだ自分のアイデアを連番でノートに記録していくシステムを持とう」ということ(ちょっとシンプル化し過ぎ?)で、ここまでのご自身のそのアイデア総数は約30万。ノート数は約360冊とのことです。
そこから生まれたアイデアグッズも多数あり、防災キットやアイデア自転車、電子メモシステム等、その範囲も多彩です。創造力やアイデア力の開発を重視する企業や学校でこのシステムを導入する動きも活発で、大手の通販会社や電機メーカーの顧問、筑波大学等の講師としてもたいへんお忙しい身でもあります。

実は私自身もアイデア総数1万個弱ながら、樋口氏からは「アイデアマラソンの実践者」として数えていただいており、約10年来のお付き合いがあります。小さな生活上の改善から、大きな仕事や人生上の決断まで、少なくない影響をいただいてきたと実感しています。

今回の企画は、「台湾にもアイデアマラソンを広めよう」、「翻訳出版ではない、書き下ろし作を中国語で作ろう」というもので、出版先は台湾癸韻離咼献優構饅佝納劼噺世錣譴訃周出版社(Business Week社)、翻訳は私の妻(李麗真)が担当という決め打ちの目標を立て、約1年掛けて実現しました。
今は発刊直後ということもあり、各書店に行っても必ず目に付く場所に並べていただいています。子供たちにとってもちょっとうれしい体験のようで、次女(5歳)はその都度「ママの本があったよ!」(実は翻訳だけなのですが・・・)と声をあげています。

これをきっかけに、樋口氏のご来台による講演会の開催や企業導入も含めて、この考え方やシステムが広がる動きも作っていきたいと思います。
また、同様の日本の価値ある情報やシステムを台湾に紹介する活動も引き続き、拡大していきたいと思っています。

貴重な体験、チャンスを与えていただいた樋口氏を始め、関連の皆さんに改めて感謝します。ありがとうございました!
| 交友・交遊・縁の輪 | 12:06 | - | - |
小さな自治体の大胆な海外戦略
「ぜひ引き合わせたい!」 知り合いのM氏のご好意とアレンジで、佐賀県武雄市の樋渡啓祐市長に先週お目に掛かりました。
2006年に全国最年少市長として36歳で市長に就任後、「佐賀のがばいばあちゃん」のロケ地誘致を始め、レモングラスの特産品化等、数々の自治体活性化策を立案、実行された行動派市長です。
今回の面会も私が九州へ赴いた訳ではなく、東京ビッグサイトでの「東京ビジネス・サミット2008」の会場でのこと。今年の3名の記念講演者の1人に、評論家の武村健一氏、ワタミ(株)社長の渡邊美樹氏と並んで、行政の長でありながら選ばれた事実が、その実績や注目度の高さを物語っています。

面会、ミーティングに先立ち、そのご講演も拝聴させていただきましたが、華やかだったり、画期的と言われる成果の裏にあるご苦労や失敗談もとてもオープンにご披露。「今も、実は市民病院問題でリコールされてしまうかも知れない局面にもあるんです・・・」、「俗に言う、怪文書にだって見舞われました・・・」と、「ユニーク」と言われる政策を進める道は決して単純ではないこと、でもその対立や反対意見も受け留めながら、物事を着実に前に進めてこられた情熱、実行力、人間力のようなものをしっかり感じさせていただきました。

さて、そのミーティングでは、M氏やその友人のW氏も加わり、「小さな自治体」の特産品を海外でもコストを掛けずに有名にすることや、そうした数々のアイディアや工夫満載の取り組み自体を海外にも紹介して、海外の地方自治体の参考にもできたら、より意義深いものにもなるのでは・・・との議論がポンポン。まずは、そのご著書(「「力強い」地方づくりのための、あえて「力弱い」戦略論」)の中国語版の出版を狙う。また、それが実現したら視察や交流も兼ねて、海外での出版記念講演も企画する・・・等の具体的な案までもいろいろ交わすことができました。「「小さな自治体の大胆な海外戦略」ですね」は、私の口から思わずこぼれた言葉でした。

地方の地盤沈下や手詰まり感、無力感がいろいろ叫ばれる時代にあって、本当に悪戦苦闘も含めて、前向きに考え、実行に努力されている。そういう流れに僅かながらでも参加させていただき、ご協力させていただけることはたいへん光栄です。
私も「力弱く」とも「志は高く」、動けるところを努力し、何らかの形をもたらしたいと思います。最後に樋渡市長からいただいたご著書のサインには「一起加油!」(「いっしょに頑張りましょう!」の意味の中国語)の言葉もいただきました。柔らかい物腰の中にも光るリーダーシップ。私もしっかりファンの1人となりました。
継続一起加油!
| 交友・交遊・縁の輪 | 21:45 | - | - |
「更なる挑戦」に感激
先週東京で、前職時代の先輩M氏にお目に掛かりました。40代前半で会社を辞めた後、静岡県でペンションを経営され、合わせて執筆活動も開始。今年1月にはその作品の一つが伊豆文学賞を受賞されるなど、私にとっては「自分を生きる」というメッセージをいつも強烈に感じさせていただいてきた方です。また、個人的にも「名古屋・愛知」というキーワードでつながる共通点があり、私の出張帰国時には、「車付き・弁当付き・チケット付き」で、神宮球場等へ中日ドランゴンズの応援に連れて行っていただきました。2人して大声を張り上げていた印象もたいへん鮮明です。

「実は正式には昨日決定したんだが・・・」と、他の友人2人と一緒に教えていただいた内容は、「ペンションを止める」、「来年から千葉県の県立高校の校長に就く」、「公募試験に応募したら27名中1人のそれに合格した・・・」でした。「伊豆の生活もたいへん充実だけど、日本の教育の今後にも関心があり、関わっていきたいと思っていたから・・・」と、たいへんすっきりとした顔で話させる表情に、まずはびっくりしながらも伺うのみの状態。

一呼吸置いて、我々3人からは、「奥さんは?(ペンションは奥さんとの共同自己実現の場であったのでは)」、「注目・期待に対するプレッシャー対策は?」、「執筆活動の継続は?」、「ペンションの物件自体は?」、「特に最初に一石を投じたい部分は?」・・・等、機関銃のような質問がバンバン。詳細は割愛しますが、全てについて「今は新しい道に挑戦する」、「決して楽な道のりだとは思っていないが、意味あることだと感じている」・・・という決意に裏付けられた明確なお答えをいただきました。

特長あるペンション経営とサービス、作家としても始動。そんな形でも既に夢や勇気をいただいてきた方が、更に新しい、そして決して楽ではない世界へ挑戦。私にとってはその使命感や器の大きさに、本当に「ここまでやるか」、「凄い」の思いが走りました。

少しでも近づかせていただきたい。前を走る身近な先輩の存在に感謝しながら、そのご活躍を心より応援する次第です。
| 交友・交遊・縁の輪 | 10:04 | - | - |
Big Dream 87
1987年に当時16才〜17才だった高校生(30名)を引率してアメリカの西海岸(Poway市)のホームステイツアーに行った時のツアー名です。
(引率と書きましたが、半分はおよそ添乗員。社内の別部門の予想以上の企画盛況を応援させていただいた最初で最後の仕事でした)

たった2週間程度の日程でしたが、たいへん気持ちのいいメンバーでその後もいろいろな横の関係や情報交換を保ってきたようです。このツアーをきっかけに、英語や外国への興味を高め、その後大学時に留学した例、国際結婚した例も複数聞きました。毎年、各地から届く年賀状が私の楽しみの一つです。

さて、その20年後。「その同窓会をやろう」という計画があるメンバーから起こり、仲間探しを開始。そして、忙しい日程を調整して20年前の高校生たちが、当時の面影そのままに(笑)、またある人は家族も同伴して私の住む台北に飛んできてくれました。
私の家族も入れた14名での会食では、それぞれが「何よりも」と携えてきてくれた分厚いアルバムに、本当に時を忘れる会話と笑いが続く、「とってもいい時間」を過ごすことが出来ました。
(なお、この過程で当時の参加者の21名と連絡が取れ、メーリングリストを
作って近況報告を交換しました。その中には北海道、九州はもちろん、3名の海外在住者も含まれ、通信技術の発展とその便利さに感激。スローペースながらその情報交流を続けています)

初日の成田では全く見知らぬどうしだった仲間が、20年も続く強い絆を作った2週間。
高校時代の感性の豊かさや意味の大きさを感じます。そして、私にとっても
本当に忘れられない仕事の思い出をプレゼントしてくれたと思います。改めて感謝です。
25周年や30周年により大勢で集まれること、そしていつか「あの街」を皆で
再訪問できることを密かに期待しています。
| 交友・交遊・縁の輪 | 20:03 | - | - |


Willcube Corporation All rights reserved. Copyright 2007. 掲載内容の無断転載、転用は固くお断りいたします。